トレーニングでダイエット?痩せる有酸素運動や食事の秘訣大公開

トレーニングでダイエットを成功冴えるためには有酸素運動と筋トレが効果的なのはよく知られていますが、他にも食事内容やレシピの見直し、十分な睡眠を取るなどの日々の生活も整えることが結果的にダイエット成功の近道に?!

TOP PAGE ⇒ 「ダイエット食と言われたときのイメージ」

LastUpdate:2018/02/21

ダイエット食と言われたときのイメージ

ダイエット食と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が控えめに入っているものが浮かびますが、私個人の経験からすると、塩分を控える食事がかなり効果があるといえると思います。特に、上半身よりも下半身が気になっている人は、まず減塩を行ってみることを勧めます。ダイエット期間の間食は何があってもNGです。

おやつでの食べ物が、もしポテチなどではなかったとしても、食べる=太るという事実を心に刻んでください。我慢のしすぎもいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食べたい欲求を抑えられるように体質を変えたいですね。

すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その頃、流行した海外製の痩せる!といわれるサプリを試しにやってみたことがありました。

飲んでし暫時すると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に適さないのかわからず、恐れを感じたので、たった一本で飲むのを中止することにしました。

体重も結局は何も変化しませんでした。若いころは基礎代謝がとてもいいので、食べ過ぎてしまって体重が増加してもしばらくしたら元に戻るという事が多いです。けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝量が減ってしまい、エネルギーの消費量も落ちるので、何の行動もしなければ脂肪がつきやすくなります。

食事量をあまり制限したくないし、体を動かす時間もありません。困っていた時、とてもいい物と出会いました。

それが痩せるお茶との出会いでした。

糖質制限ダイエットは肌にも髪にも良くないので、必要なカロリーを取りながら、痩せるお茶を飲んで、リバウンドせずに綺麗に痩せられました。

痩せようと思っても継続して走ったり歩行したりするのは面倒だーという気持ちが芽生えてきますよね。ということで、お教えしたいのがインドアでの有酸素運動です。

ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、軽装でしっかり体を動かし体操をすると、確実にカロリーも消費されます。

仕事場でのスタッフとのストレスで、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。ほっぺたにや、顎や、二の腕、お腹周りにもお肉がついてぷよぷよで、どうにかスリムになりたいなと、考えているのですが、なかなか、運動する余裕がありません。

こんな時こそ、あまり苦労しないでスリムになる薬が、あったらいいのになと思います。大変な思いをしないで、痩せる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありますね。それくらいせっぱつまった思いです。年齢を重ねるにつれて、運動をすることも減り、そのままにしていると、基礎代謝はぐんぐん下がっていく気がします。

そのためか、せっかくダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。

まず体質改善を行わないとダメですね。

そのためには、まず、体を温かくするために、生姜湯から、行いたいと思います。冬には良い飲み物ですし、これで代謝がアップしていくことでしょう。

基礎代謝をあげるという事はダイエットにも効果があるのです。普段からあまり汗が出ない人は体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝を下げることになるので、汗をかきづらい人はぶくぶくになるのです。基礎代謝をアップさせて汗をかきやすい体にしていくことが重要と言えます。

その昔、私がダイエットを決心した時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉を増やすことでからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上しました。

これを毎日続けたおかげか、2ヶ月で5キロのスリムアップに成功しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。

昔、炭水化物を少なくする方法で食事制限をしたことがあります。

しっかり噛むことで、十分に満足しようとしたけれど厳しかったです。生粋の日本人ですから、たまには、がっつりと真っ白なごはんを恋しく思います。

ですので、現在は、夜のみ炭水化物のものの飲食を控えるけれど、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。スリムアップを志すには筋肉を付けて基礎代謝量をつけていく事が重要です。減少するためにはどのような筋トレが必ず要するのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、過剰にするとかえって筋肉がつきにくいと言われています。

大した程度でない有酸素運動の後に筋力トレーニングを実施し、最後に再び軽く有酸素運動を行うのが効果が表れやすいようです。最近、体重が増えたので、体重を減らそうと調べていたら、いい対策を見つけました。

それは酸素を多く取り込む運動です。知っての通り、有酸素運動の効果はてき面で、食べ物を我慢するよりずっと体重が減ります。

私自身、数週間前に有酸素運動を始めたのですが、順調に痩せてきて嬉しいです。走ることはことのほかききめがあるんだなと感動しました。

短い間に健康的にやせるにはスイミングが一番いい方法です。陸上競技はちょっと…という方でも、スイミングならば浮力があるので、長い時間できますし、泳ぎ終わった後は疲れさえも心地よく感じます。ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいても全然大丈夫です。水泳は想像以上にカロリーを消費するので、継続することで必ずやせられるでしょう。ダイエットに効果的なスポーツといえば、やはり有酸素運動ですよね。なるべく短期間でダイエットを成功させるためにはとにかくカロリーを使うことが大切なので消費した熱量が多いジョギングや有酸素運動やサイクリングなどの運動が第一候補として上げられます。

また、体躯を引き締めてメリハリのあるボディーラインを作出するためには筋トレもおすすめします。

ダイエットは一日二日で結果が出るものではないに決まってますいきなりスタイルを変化させることは健康に良くないので、長期的な計画を立てたダイエット法を選択し、それを試し続けて、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。

スタイルが変化したからと言ってやめてしまうと、元の体重にすぐに戻ってしまうことがありますので、少なくとも3ケ月は繰り返しましょう。

世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物は存在しません。

ただし、カロリーが低いものや、食物繊維が豊富で、お通じを良くしてくれるものは痩身の効果がありますよね。

実際、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん食べると、体重が増えることを防いでくれるでしょう。

また、体重が増えそうな食べ物を制限することも大切です。

人の基礎代謝は年と共に落ちていきます。食事の内容は変えていないのに年々太ってきているような気もします。

ダイエット用、脂肪を燃やしたり吸収を阻止するタイプのサプリも色々ありますが、可能な限り、自然成分からできている漢方で基礎代謝を上げていきたいです。ダイエットの成功には有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。

酸素を消費する方法の運動により体内の残存している脂肪が燃えさかるので、ダイエットする事ができます。よく苦しい筋トレを自分に課している人もいますが、筋トレは心が折れて長続きしない場合もよくあることでしょう。年齢に伴い次第に体が張りがなくなってきました。

スリムアップするためには運動と食事の管理が一番だとは思いつついっこうに時間が取れずに実施できませんでしたが、暫くぶりに体重計にのってみてはっとしたんです。

第一に無理なく運動をするために、日々徒歩にすることから始めてみました。

これで僅かでも痩せると嬉しいです。有酸素運動は短くても20分は運動しないと大して、効き目がないといわれてきましたが、今は何度かにわけてもせめて20分運動していれば効果があるのではないか?といわれています。また、筋トレのほとんどは酸素を利用しない運動ですが、酸素を使う運動、息を詰める運動を交互に行うことで効果をよりアップさせることが、可能です。

痩せようとするのに食事を摂取しないのはダメです。実際、長続きしませんし、健康を損なってしまいます。

飯を食べながら、カロリーの低いものに置き換えると良いです。

運動を併用する方は、脂肪燃焼効果を高めるため、高たんぱく質でカロリーが低い食品が、一押しです。

関連記事


2015 トレーニングでダイエット?痩せる有酸素運動や食事の秘訣大公開 All Rights Reserved.

TOP
PAGE